埼玉みらいクリニック|北上尾駅(埼玉県上尾市)の内科・呼吸器等

埼玉みらいクリニックのロゴ

埼玉みらいクリニック埼玉みらいクリニック

皮膚科

皮膚科dermatology

豊富な臨床経験を持つ皮膚科医が、丁寧かつ信用のおける診療

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬(かんせん)などの湿疹生病変から粉瘤、軟部腫瘤などの「できもの」、また尋常性ざ瘡(ニキビ)、伝染性膿痂疹(トビヒ)、丹毒などの感染症疾患まで幅広く対応させていただきます。
当院の強みとして、病理専門医が常在していることです。外見上だけでは判別が困難な症例においても、検体(組織のこと)を採取、病理学的診断を行うことにより、丁寧な診察、加療を提供することが可能となっています。

当院皮膚科の特徴

粉瘤外来

粉瘤とは、ドーム状に隆起した直径1-2cm程度の皮下良性腫瘍(できもの)であり、正式には表皮嚢腫と言います。はっきりとした原因は分かっていませんが、皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずであった角質(垢)が、その袋の中に溜まってしまい、徐々にふくらみをおびてきます。中心にホクロのような暗点(面皰)があるのが特徴で、袋の中には腐臭を伴う粥状物質が溜まっています。
基本、良性の腫瘍ですが、感染を生じると赤くはれ上がり熱をもって緊急的な切開を必要とすることがあるため、ある程度大きくなると事前に切開、手術を行うこともあります。
当院では、年間約100-150症例の日帰り手術を行っており、実績、経験ともに豊富であります。
もし粉瘤初めできものでお困りの場合にはぜひご相談下さい。

アレルギー検査

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、アレルギー性鼻炎などをはじめとするアレルギー性疾患では、ご自身が何に対するアレルギー(アレルゲンといいます)を有しているのか知っておくことが大切になります。
当院では積極的にアレルギー検査を行っています。お心当たりのある方はぜひご相談下さい。

当院で行っているアレルギー検査例(赤色はよく行われる試験になります)

抗体療法

近年、リウマチを初めとした膠原病、気管支喘息などの病態に対して、その炎症の原因となるホルモン(サイトカインやインターロイキンといいます)のみをターゲットとしブロックすることで病態の改善を図る治療が普及してきました。
そしてそれは皮膚科領域でも応用され始めています。具体的には、アトピー性皮膚炎、慢性蕁麻疹、尋常性乾癬、花粉症などになります。
症状の劇的な改善を見込める反面、保険適応には制限が設けられています。現在の治療でお困りの方は、抗体療法の適応含めご相談下さい。

埼玉みらいクリニック

〒362-0015
埼玉県上尾市緑丘3丁目3-11-2
PAPA上尾ショッピングアベニュー B棟(プリンセス)2階
北上尾駅から徒歩5分

048-729-7811
050-3196-8537(営業時間外)

ネットで診療予約

Copyright © 埼玉みらいクリニック All Rights Reserved.



新型コロナウイルスPCR検査実施の
お知らせはこちらから