埼玉みらいクリニック|北上尾駅(埼玉県上尾市)の内科・呼吸器等

埼玉みらいクリニックのロゴ

埼玉みらいクリニック埼玉みらいクリニックいびき・睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群sleep apnea

概念

いびき、日中の過度な眠気などの自覚症状のほかに、高血圧、脳梗塞・心筋梗塞、糖尿病ななどのリスクになりうることも知られており、生命予後にも関わる重要な病態になります。

病態・疫学

睡眠時無呼吸症候群には、中枢性無呼吸症候群と閉塞性無呼吸症候群に分けられますが、一般的に無呼吸症候群と言った場合には後者の閉塞性を指します。

睡眠時無呼吸症候群には肥満が大きな影響しますが、喉の奥にある扁桃が大きい人や、舌が大きい人、鼻炎、鼻中隔弯曲症などといった鼻の病気、あごが後退、小さいなど骨格構造もリスクとなります。
日本人は顔の骨格構造から睡眠時無呼吸症候群になりやすいと言われています。

睡眠時無呼吸症候群は、40代以上の男性に多く、有病率は男性の4%、女性の2%と言われていますが、診断、治療を受けていない潜在的な患者が多く、200万人以上とされています。

症状

睡眠の質が不十分になるため、日中の強い眠気や集中力低下が強くなります。また、睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、ノンレム睡眠にはステージ1からステージ3(4)まであります。睡眠時無呼吸症候群では、深い睡眠に入れないために、中途覚醒(つまりちょっとした刺激で起きてしまう)や夜間の頻尿なども特徴になります。

また起床時の頭痛も特徴的で、これは夜間、換気が十分でないことで血中の二酸化炭素がたまりそれにより脳の血管が拡張するためと言われています。

このように、眠気以外にも、頭痛や夜間頻尿など直接関係なさそうな症状など、色々なサインがあるので注意しましょう。

「眠い」だけではない、本当は怖い睡眠時無呼吸症候群
睡眠時無呼吸症候群では、強い眠気から失神のリスクにもなります。
平成15年2月26日に生じた新幹線の事故では、運転士は前日に8時間以上の睡眠をとっていたにもかかわらず、走行中に約8分間の居眠りをしてしました。
それ以降、睡眠時無呼吸症候群と重大事故の関係が注目されるようになりました。

過去の論文では、事故発生率が約7倍にもなるという報告もあります。またSASの重症度が高くなるにつれて事故発症率が高くなるという報告もあります。
Am Rev Respir Dis. 1988 Aug;138(2):337-40.
車運転時に過度に眠くなった経験のある方は一度検査を検討するのをおすすめします。

また、高血圧、脳血管障害(脳梗塞など)、虚血性疾患(心筋梗塞)など内科学的な疾患のリスクになることが確立しています。
また、因果関係ははっきりしていませんが、うつ病などの気分障害との関係も重要であり、うつ病の患者さんの約14%が睡眠障害を患っているという報告もあります。
https://www.medicalnewstoday.com/articles/325839.php#2

高血圧の原因としては、睡眠時無呼吸症候群患者では睡眠時の換気量が低下することで、自律神経の交感神経が亢進することで夜間の血圧が上昇するとされています。
また、古い文献にはなりますが、無呼吸指数が20以上ある群では8年後の生存率が63%まで低下するといった報告もあります。

Chest. 1988 Jul;94(1): 9-14
降圧剤を内服しているのになかなか血圧が低下しない、治療抵抗性の高血圧のかたは一度睡眠時無呼吸症候群の有無を調べてみて下さい。

検査

診断の検査にはポリソムノグラフィーと、1泊2日の検査を行います。脳波や眼球運動、筋電図で睡眠の状態をモニターし、口や鼻からの気流、胸や腹の動きから呼吸の状態をモニターしています。
睡眠時無呼吸症候群だけでなく、足ムズムズ症候群、レム睡眠行動異常などの他の睡眠障害疾患の診断にも用いられます。

最近は、自宅で簡単に装着、操作できる携帯用検査機器も開発され、鼻の気流・いびきなどの呼吸状態および血中酸素飽和度の測定により、SAS診断が可能になりました。
当院でも検査、治療を積極的に行っておりますので、気軽にご相談下さい。

治療

重症度によって治療法が異なってきます。
先ほどのポリソムノグラフィーで無呼吸低呼吸指数(AHIと呼びます)が20以上の方は、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法:シーパップと呼びます)という機械を用いての治療法が保険適応になります。
20以下の方は、口腔内装置(マウスピース)などや減量などで対応していくことになります。

また重度の眠気に対しては、モダフィニル、ペモリンといった薬剤を用いることもあります。

最後に

睡眠時無呼吸症候群には、強い眠気、いびきが大きいなどの自覚症状だけでなく、高血圧症、心筋梗塞、脳梗塞などの病気のリスクにもなる重要な病態です。
診断と治療はしっかり確立され、CPAP治療による改善も明確ですので、「日中の眠気が強い、倦怠感が強い」「(特に起床時の)頭痛が継続する」などの症状がある方、「降圧剤を用いているのに血圧が下がらない」などでお心当たりのある方は一度ご相談下さい。

埼玉みらいクリニック

〒362-0015
埼玉県上尾市緑丘3丁目3-11-2
PAPA上尾ショッピングアベニュー B棟(プリンセス)2階
北上尾駅から徒歩5分

Copyright © 埼玉みらいクリニック All Rights Reserved.



新型コロナウイルスPCR検査実施の
お知らせはこちらから